今日は雪

今日は朝から小雪が舞っている。
降っているというほどじゃなくて、ふわふわ舞っている。
積もるほどでもないし、出掛ける用事もない。

昨日は快晴で、遠くの山の雪も見えていた。
夕方には夕焼けも反射してきれいだったなぁ。
(撮影は少しズーム状態で)
d0355267_16201153.jpg














d0355267_16203129.jpg















年内はもうどこにも出掛ける予定はなくなった。
歯科も眼科も、とりあえず今年は終了ということで。
1月と2月に、それぞれの定期検査がある。

今年もあと半月で終わりだなんて、、早い。
個人的には本当に「激動の一年」だった。



.
# by hazuki-natsu | 2018-12-14 16:25 | 日々のこと

オキザリスの蕾

オキザリス(バーシーカラー)の蕾を見つけた。
秋から水やりを開始して芽が出て、葉が茂り、
最初の小さな赤い蕾が次々と出来ている。

5℃以下の日でも、天気の良い時は日光浴させ、
夜は段ボールに入れて保温したり、
こまめに世話をしたことが報われる時がきた。

大阪時代に小さな鉢植えを買って、今年で5年目か。
冬から春にかけて次々と開花するので楽しみ。

d0355267_1105411.jpg
















d0355267_1102583.jpg














今日は雨のち曇り、最高気温は10℃、昨日の倍だ。。
10℃で「今日は暖かいね」とか言うようになって
夫に「10℃しかない。感覚が狂ってないか?」と
呆れられる日々が続く。。



.
# by hazuki-natsu | 2018-12-12 11:12 | 日々のこと

初雪

昨日は今シーズン初の小雪がパラパラした。
よーく見ないと分からないような細かい雪で。
しかも1時間くらいで終了。

今朝は家々や車の屋根が白くなっていた。
日が昇ってすぐに消えてしまったけれど
今日のが「初雪」だという気がする。

去年の初雪が11月19日だったので、30日遅い。
近くのスキー場では20~30cm積もったらしいので
関係者は喜んでいるそうだ。

私が楽しみにしているのは今月の「冬至」、
毎年「あぁ、今日から日が長くなっていく」と
希望が見える日になる。
冬至から少しずつ日が長くなることが、春につながる。
冬に入ったばかりなのに、もう春のことを考えている。。

これは一昨日の夕焼け。
飽きもせずに見とれて撮ってしまう日々。
d0355267_11184860.jpg

















.
# by hazuki-natsu | 2018-12-10 11:21 | 日々のこと

2018年の総括、漢字は「忙」

今年の私の「漢字」は、「」と決めた。
今年は人生の中で一番色々あった年なので
漢字一文字を決めるのは難しかった。

他に迷った漢字は決別の「」や「」。
その理由は、これから書く一年の出来事の中にある。
今年の大きな出来事は4つある。
どれも一生に一度あるかないかの事だった。

【その1】
春に実家の母や兄と決別した。
兄の暴言をかばう母、私の死を予想してアハハと笑う母。
長年ムカついていた気持ちが爆発した。
91才、昔から無神経でバカな母だったこともあり
母と兄はペアで、他の家族に嫌われている。

そんな母の心無い言葉によってウツ状態になった私は
1月から3月までの記憶がほとんどない。
母や兄との決別により、本来の楽しい日々を取り戻した。
二人が死ぬまで実家に行くことはない。

【その2】
夫が、地元に住む夫の同級生と決別した。
十年に一回会うかどうかの間柄だったけれど
大阪時代は「選挙の時だけ」電話をしてくる人だった。
特定の政党を支持する宗教の人で、投票の依頼。
夫は適当にあしらいながら、投票はしない。

ここに引越してからは「選挙の時だけ」来訪するように。
選挙がなくても宗教がらみのパンフレットを持参。
しかも奥さんを連れてやって来るようになった。
昔から「宗教には興味ない」と言い切っているのに。

私は夫の同級生も奥さんも、20代の頃から知っている。
当時の奥さんは大きなメガネをかけた、大人しい女の子。
ほとんど話さずに、うなづく程度だった印象がある。
同級生夫婦は12才も年が離れていた。
奥さんは私より8才若い。

あれから40年、その奥さんも変化していた。
同級生は昔から言葉少なく、大人しいまま。
二人は選挙前にやって来ては、奥さんが前に出て
「投票に行かないんですか?
 投票は国民の義務ですよ。」

夫と私はフッと鼻で笑った。

大阪時代は、私は投票に行っていた。
もちろん、自分が良いと思う政党に。
夫は、たまに自分の好きな政党に入れる程度。
あの夫婦が支持する政党に投票することは一生ない。

夏頃、私が外出中に同級生の夫婦が来たらしい。
選挙の時期でもないのに、単に宗教の勧誘だった。
夫が駐車場で車内の片づけをしている所に来て
奥さんが執拗に説明を始めたらしい。
以前から「全く興味ない」と言っているのに。
同級生は黙って苦笑しているだけだったとか。

そのうちに奥さんが
「じゃあ奥さんが帰られたら渡してください」

パンフレットを夫に渡そうとしたらしい。
「いや、カミさんの方がキツイで。」と言ったら
驚いていたらしい。。。
見かねた同級生が「じゃあ、また来る」と言うので
夫は「もう来なくていい!」と言い放ったとのこと。。

帰宅した私は一部始終を聞いて、怒りまくった。
40年も前から「興味ない」って言ってるのに
まだしつこく勧誘に来たわけ?!
どんだけ空気読めない夫婦なの?!
夫は「いや、奥さんが積極的なだけ」と言う。
いかにも友達づらして、要は勧誘だけが目的でしょ!

夫は「しかも、お前だったらイケると思ってるみたいで(笑」
はぁ?!
私の方が宗教は大っ嫌いで、撲滅したいのに!
「だから、カミさんの方がキツイって言っておいた」
今までムカつきながらも優しい対応していたせいか、
私の性格は把握できていなかったみたい。
どれだけ激しく破壊力がある性格か、見破れなかったか。

そもそも、玄関のドア付近に張り紙していたのに。
『宗教、新聞、訪問販売お断り』

10cm程度の長さの張り紙は小さ過ぎたか。
すぐに大きく作り替えて貼り直した。
『宗教の勧誘、お断り』

内容は一点に絞り、大きなゴシック体で印刷した。

その後、同級生夫婦は来ていない。
いや、来たとしても玄関前で張り紙を読み、帰ったか?
長年やり取りした年賀状も、もう出すことはない。
夫にとって、そもそも友達ではない。
目的があって「つながりを保ちたい」だけの人だった。

【その3】
9月に右目の白内障手術をした。
一年前から眼科医に「そろそろ手術を」と言われていて
ようやく決心しての手術だった。
過去に網膜剥離の手術をしている目なので
普通の白内障手術ではないリスクも予想され、
それでも医師が驚くほど順調な経過で回復した。
もう少し早めに決断しても良かったな、と思う。

【その4】
11月に上の前歯(差し歯)が欠けた。
45年前のモノだったので、不思議はなかった。
今まで持っていたのがスゴイです、と歯科医が驚いた。
そして新たに差し歯を作って設置済み。
材質や色の関係上、保険がきかなかったのが痛い。。

ということで、上記の4件が今年の主な出来事。
今までの人生で言えば、一番大きな事柄だった。
特に親族(母と兄)との絶縁は、一生にあるかないか。
そんなことが2018年に起きたということ。
しかも、むしろ晴れ晴れした気持ち、清々しい。
今年はロクでもない人たちとの関係をバッサリ切り、
平成最後の年にスッキリすることが出来た。

内容的には「決」「別」が多かったけれど
実際の感想としては「忙しかったなあ」というところ。
眼科と歯科で、毎月、数回の受診が多かった。

今年も残すところ、あと3週間ちょっと。
無事に一年が終わることを祈りたい。

あ、夫の同級生(と奥さん)のNさん、もう二度と来ないでね。
まぁ、こんなブログを見ることは絶対にないと思うけど。

d0355267_1249676.jpg


















.
# by hazuki-natsu | 2018-12-08 12:49 | 日々のこと

顔面系の医療費

今日の午後から歯科へ。
出来上がった差し歯を「設置」して、完了。
来週に一度受診して、チェックして終了となる。

それにしても、今年は医療費がかかったなぁ。
白内障手術と、45年ぶりに差し歯(保険適用外)を
作り替えて、けっこうな出費となってしまった。

差し歯が欠けたのは予想外だったけれど
年数的に見れば元を取ったと思う。
逆に今までよく持ちこたえたな、と。

春から眼科と歯科の通院で明け暮れた一年。
「顔面」関係の治療で終わった2018年だった。
平成最後の年に、個人的には印象深い出来事が多い。
後日、一年の出来事と思いをまとめてみたい。

それにしても暖かい。
今日は14℃、去年の今時の倍はある。。
ダウンなんか着て出かけて汗ばんだ・・・。
明日は何と18℃まで上がるらしい。

が、、、
今週末には一気に気温が下がり、雪の予報。
土日の最低気温はマイナス4℃だって。
いやいや、差が大き過ぎでしょ。。



.
# by hazuki-natsu | 2018-12-03 19:38 | 気づいたこと