<   2017年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

魔法が解けた時

前ブログでは日記調で日々の出来事を書いていた。
引っ越しも一段落すると、書くこともなくなる。
そして、ここで新たなブログを始めた。

ここでは思ったこと、感じたことを書くことにした。
時系列は関係なく、浮かんだことをそのままに。
そうしたら、書きたいことがいっぱい出てくる。
どれも何の得にもならない、どうでもいいことだけど。

どうでもいいことなんだけど、文字にすると整理できる。
自分で書きながら、「たしかにそうだなぁ」とか思う。
あの頃、そんなふうに思っていた自分が居たり。
あの時、そんなことに拘っていた自分が居たり。

過去に遡って、当時の自分の気持ちを理解してあげる、
そんな感じになっている。
ただ、未だに「あの時の自分の行動」が理解できない。

それは、前職に就いていた時のこと。
いつもどおり仕事をしていた日のことだった。
職種上、広い個室での一人職場だった。

突然、自分でも驚くほどの怒りがこみ上げて、
ドアを閉め切って、壁やドアに物を投げつけた。。
ハサミ、バインダー、ホッチキス、ペーパーウェイト、
その他、手当たり次第に力いっぱい投げつけた。
硬い物ばかりで、当然、壁やドアに傷が付いた。。
しばらくして落ち着いたけれど、自分で愕然とした。

あの時、何かあって怒りがこみ上げたはずなのに、
それが何だったのか思い出せない。
理不尽な出来事があったのかもしれないけれど
肝心なことを忘れてしまっている。

普段は物に「あたる」ことはしないので、珍しい出来事。
あの時、手元に「割ってもいいお皿」があったら
数百枚は投げつけて割っている。

退職願を提出したのは、それから数日後だった気がする。
何か嫌になったとかではなく、もう働くのが嫌になった、
そんな単純な理由だったと思う。
もともと仕事なんて大嫌いなナマケモノだったし、
「仕事って楽しい!」なんていう魔法が解けたんだと思う。
数十年も続いた魔法もすごい。
世の中で一番パワーがあるのは「自己暗示」という魔法か。

退職して4年くらい過ぎた。
今でも時々、「物を投げつけた日」を思い出す。
あの時の心境は、未だに分からないまま時が過ぎている。



.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-31 11:09 | 思い出したこと

謎解きの続き

二つ前の記事で「謎」は解けたような気がしたけれど
ブロガーAさんについて新たに思い出したことがある。
ヒントを下さったMさんには申し訳ないけれど
Aさんはやっぱり「男性」だったのではないかと。。
その根拠は、

Aさんは「肥える(太る)」という言葉を使った。
 関西で使われる言葉だけれど、女性はあまり使わない。

Aさんはお菓子の「マカロン」を知らなかった。 
 頂き物のマカロンの写真をアップして、
 「これはダロワイヨというらしい」と書いていた。
 私が「それはマカロンで、ダロワイヨはフランス菓子の店名です」
 とコメントした。
 当時は大人気だったマカロンを知らない女性はいない。
 男性だったら知らないこともあり得ると思う。

Aさんはバイクのことを「鉄の馬」と呼んでいた。
 バイク通勤をしていて、職場の人に「危ない」と注意されたとか。
 女性が「鉄の馬」と表現するだろうか。
 女性はバイク通勤は好まない。
 ヘルメットで髪がつぶれたり乱れたりすることを嫌うから。


以上、女性の私だったら「しない」ことを思い出してみた。
「Aさんは男性だった」と断定できるほどじゃないけど。
上記の中で自信があるのは「マカロンを知らなかった」ことかな。
甘い物が苦手な女性でさえ、名前は知っているはずだから。

勝手に結論を出させていただくと、

男性ブロガーAさんは、やはり「男性」だった。

職業その他のプロフィールは限りなくフェイク、ということ。

10年近くも昔のことについて、詳細を記事にして下さったMさん、
ありがとうございました。
そして、せっかくのMさんの推理を否定するような形になり、
申し訳ありません。。


.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-30 10:52 | 思い出したこと

悪意のない笑顔

ニュースを伝える女性アナウンサー、高畑さん。
全国ネットのJNNニュースによく出ている。
この人は、顔そのものが「笑顔」なのかもしれない。
高畑さんには時々びっくりさせられる。。

今日のニュースです、みたいに始まるコーナー。
微笑みながら(に見える)内容を伝える高畑さん。
あ、何か良いニュースがあったのかな、と期待する。

その時に高畑さんの口から出るのは
「〇時頃に〇で、女性の遺体が発見されました」
とか、
「〇から男性の腕が見つかりました」とか、
表情とはウラハラな、ショッキングな内容が多い。。
そのたび、私は「えっ?!」とか小さく叫んだりする。
嬉しそうに読むなぁ、、と感心する。

いやいや、そんなコワいニュースは暗い顔で言ってよ。
こっちは心の準備が出来ていないんだから。
表情から、微笑ましい出来事を想像していたんだから。

そんなことが何度も続いて、最近は慣れてきた。
高畑さんの顔をよーく観察するようになった。
もともと「微笑み顔」なんだと思う。
目が笑っている形で、口角が上がっているような、
普通にしていても「笑顔」風に見える表情。

本人は気づいていないのかもしれないけれど、
悲惨なニュース原稿を読むのは向いていない。
もし気づいていたら、悲しい表情を作った方がいい。
眉間にシワを寄せるとか、口を一文字にするとか。
他の女子アナは、ニュース内容に合った表情をする。

悲惨なニュースさえ読まなければ、笑顔でいいのだけど。
少しだけ残念な高畑さん。。
プライベートではお葬式やお通夜には気をつけて欲しい。
まぁ、余計なお世話だろうけれど・・・。

でも、「いつも怒っている顔」よりはマシかなー。
「いつも困っている顔」もちょっとアレだし。



.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-29 21:07 | 日々のこと

謎は解けた、かも

ひとつ前の記事で、男性ブロガーAさんについて書いた。
そしてMさんがご自身の記事で回答してくださった。
(Mさん、ありがとうございました。)
そこには、こんな文章があった。

「彼」は彼でなく「彼女」だったんじゃないかと


根拠があってのことらしい。
この一文で、この10年間の違和感がスッと消えた。
あぁ、これだったんだ、と。
ずっと持ち続けたモヤモヤが一気に晴れた気がする。

当時やり取りしていたブロガ―さんの中で、
唯一、Aさんだけ「実像」が想像できなかった。
人物像が浮かばないというか、現実味に欠けるというか。
その違和感が何だったか、ようやく分かった。

Aさんのブログ内容のどこまでが事実だったのか知らない。
ただ、当時から「脳外科医」という部分には疑問があった。
外科系の勤務医がどれほど多忙であるかを知っていたから。
外来の診察、カンファレンス、手術、回診、当直の繰り返し。
食事さえちゃんと摂れない場合が多い。

それなのに、Aさんは平日の昼間に何度もコメントを残した。
詳細なコメントは、しばしお待ちを」なんて書きながら。
実は(この人、仕事の合間にブログなんて覗いてるの?)と
不審に思っていた。。
人の生死に関する仕事をしていながら、ブログにコメント?
たぶん、職業も架空のものだったのだろうと思う。

そして、Aさんが「急死」したことをブロガーさんから聞いた。
死因など詳細は知りたいとも思わなかった。
Mさんによると「ネット世界から消えた」だけのことらしい。
やっぱりそうだったのか、という気がした。

当時、Aさんが「亡くなって」1週間も経たないうちに
Aさんの「妹」と名乗る女性からコメントをもらった。
Aさんのハンドルネームとよく似た「星の名前」で。
兄が色々お世話になりました」的な内容だった。

何か変だな、と思ったのは、その時。
兄が亡くなって10日ほどで、ブログを徘徊する?
身内が亡くなったら、普通はブログどころじゃない。
しかも、まだ10日ほどしか経っていないのに
あちこちのブロガーさんに挨拶回りのコメント。
兄とブログのパスワードを共有していたの?
どのブロガーとやり取りしていたか、知ってるの?

あの「妹」は、Aさん自身だったのだろうと思った。
結局、Aさんは何をしたかったんだろう。
自分の想像の世界でストーリーを組み立てていたのか。
だんだん無理が生じてきて、消えるしかなかったのか。

っていうか、そんなことして楽しかったのかな。
理想の自分を設定して遊ぶのなら、もっと上手くやらないと。
ブロガーに「ん?」って疑問を持たせるようでは、甘い。
仮想の内容としてはよく出来ていたと思うけれど
色々な細かい部分で詰めが甘いというか、ボロが出ていた。
化けきれていないタヌキみたいな感じ。

それにしても、あれから10年近く経つなんて。
そういえば、あの後、Aさんによく似た雰囲気の人が
コメントをくれたことがあったような。
ハンドルネームを変え、仕事や家族の設定を変えて
今もあちこちのブログに出没しているかもしれない。

Aさんが違う設定で現れたら、今度は上手に騙されてあげよう。
ただ、設定が上達していなければ相手にしないけど。。
たぶん、化けきれないシッポは出ているような気がする。

ネットは不思議な世界だなぁ、と改めて思う。
魑魅魍魎の世界、とまではいかないけれど、限りなく近い。



.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-29 01:11 | 思い出したこと

地域限定の言葉

10年程前にやり取りしていたブロガー、Aさん。
一年程して急死された。
あれから年月が経ったにも関わらず、今も思い出す。
その理由は、個人的に「?」と思う疑問があるから。

ブログ内容からAさんについて判っていたことは、
私の推測を含めてこんな感じ。

〇当時40代後半の男性
〇脳外科の勤務医
〇当時から10年程前に、奥さんを病気で亡くしていた
〇大学生の息子さんと高校生の娘さんがいた

Aさんとの出会いは、当時のブログを閉じるキッカケになった。
悪い人ではなかったけれど、自身の考えを他者に共有させる、
良く言えば熱心に説得するようなタイプだった。

今でも「?」と思ったままでいる理由は、Aさんの言葉。
住んでいる場所は書いていなかったように思うけど
本人は関東在住?のような設定でいたのかなぁ、と思う。
実際は関西に住んでいたのではないか、と勝手に推察。

その理由は、Aさんが文中で使っていた言葉。

 肥える (太る)

 居てる (居る)

他にもいくつか、関西で使われる言葉の表現があった。

節分に「イワシの頭」を玄関に飾ったことも書いていた。
他のブロガーさんがその風習について聞いた。
「Aさんは関西出身の方なのですか?
 関西でも今ではあまり見かけない風習ですが。」
と。

するとAさんは
「関西には身内も親戚もいなくて縁がない。
 そういえば、なぜイワシの頭を飾っているのだろう。」
と、何となく慌てているようなコメントを返した。

そんなことがあって、Aさんは関西の人では?と思うように。
何か事情があって出身地を伏せたかったのだろうけれど。
ただ、その地域ならではの言葉や風習は、つい出てしまう。

一番違和感を感じた言葉は「肥える(太る)」だった。
肥える、という表現は関西でも使われなくなっている。
私が知る限り、かなりの高齢者か芸人さんくらいか。
当時40代のAさんが「肥える」を使ったこと自体が不思議で。
しかも「関西在住ではない」と言っていたAさんが。
まぁ、どうでもいいことなんだけれど。

最近になって再会したブロガー、Mさんならご存知かもしれない。
ただ、今さら知りたくないような、知りたいような。。


.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-28 16:42 | 思い出したこと

博愛の精神は、ない

このところ森友学園のニュースばかり流れている。
籠池夫妻とか、キャラの濃い登場人物が面白くて
ついついワイドショーも見てしまう。

安倍首相の奥様、昭恵さんも巻き込んでのドタバタ。
いや、昭恵さんに巻き込まれているのか。
個人的には籠池のオジサンが堂々と嘘を言っている、
としか思えないのだけれど。

一連の流れの中で明るみに出た昭恵さんのメール、
籠池の奥さんとのやり取りが明らかになってきた。
その中には頻繁に「祈ります」と出てくる。
または「神様は見てくださっています」とも。

ん?と思っていたら、やっぱりクリスチャンだった。
昭恵さんをよく知る関係者の話では、
「キリスト教を信仰されている方」
「困った人を放っておけない博愛の精神をお持ちの方」
とのことらしい。

それにしても「あの籠池夫妻」のために祈ることが出来るとは、
昭恵さんはすごいなー、と本当に感心する。
あれほど嘘を言われて迷惑を被っているはずなのに。
普通なら「嘘を言うな!」って叫びたいとこなのに。
それでも「博愛の精神」を持って相手のために祈れるとは。
嫌味でも皮肉でもなく、昭恵さんってすごいなと思う。
そして、宗教って色々な意味で怖いな、とも。

私は普段から「ほぼ無宗教」と言っているけれど
そのせいか「博愛の精神」は持ち合わせていない。
強いて言えば「愛の精神」か。。
ペラッペラの透き通るほど薄いやつね。

キリスト教には「右の頬を叩かれたら、左の頬も差し出せ」
みたいな教えもあるらしいけれど、冗談じゃない。
私だったら、右の頬を叩かれた瞬間に、相手の頬を叩く。
いや、叩かれそうな瞬間に、私の方が先に相手を叩くか。。
しかも平手じゃなくて、グーで殴るかも。
どっちにしても瞬殺の勢いで反撃すること間違いなし。

やっぱり、博愛の精神からは程遠い。



【一部訂正】

「右の頬」を出してから「左の頬」が正しいらしいので
訂正しました。
Mさん、情報をありがとうございました。

.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-27 14:36 | 日々のこと

スーパーマンか透明人間

子供の頃から想像するのが好きだった。
想像で書ける作家になりたいと本気で思ったことも。
大人になった今でも、いろいろ想像する。
そして本気で悩んだりもする。。

例えば、もしなれるとしたら、どっちを選ぶか。

空を飛べて力が強いスーパーマン

      または、

好きな時に透明になれる透明人間

ううむ、、、と本気で考えてしまい、夫に呆れられる。
空を飛べるのはメリットが大きいか。
世界中どこでも行ける。
でも寒そうだし、出不精の私にはメリットにならない。
力が強いのはいいけど、いつも戦わなくてはいけない。

透明になれるのはいいけど、それほどメリットが浮かばない。
むしろネガティブな状況でしか使い道がない。
堂々としていられない場面で消えるということだし。。

・・・・やっぱり、普通の人間でいいわ。


今日は朝から小雨で、気温は4℃。
夜には雪マークになっている。
この数日「深夜に雪が降って朝に消える」パターンが多い。
今日はダラダラと過ごそうと思う。


.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-26 10:53 | 日々のこと

去年の今頃

去年の今頃、物件探しのために帰省していた。
事前にメールでやり取りしていた賃貸業者さんと
4件くらいの物件を内覧していた。
駅前のホテルに滞在しながら、数日かかった。

そして今、3件目に見た物件に住んでいる。
地理的にも間取り的にも、細かい条件を満たしていた。
バタバタと契約を済ませて、大阪に戻った記憶がある。
その後、4月に鍵を受け取り、5月に引越した。

あれから一年近くが経とうとしている。
ここでの大まかな「四季」は経験したことになる。
どの季節もきれいで感動的だった。
季節を一巡して、また繰り返し楽しむ日々。

このところ春めいてきていたのに、今日は小雪が。
なごり雪、と言うには、まだ冬っぽい降り方。。
ここでは「四季」の中でも冬が一番長い。


.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-24 17:27 | 思い出したこと

半数以上が「ひとりっ子」

ふと気づけば「ひとりっ子」さんと縁がある。
私自身は姉と兄を持つ末っ子なんだけれど
いつもお邪魔するブロガーさんの半数以上は
「ひとりっ子」さんだった・・・。

私と同年代で、半数以上が「ひとりっ子」さん。
次に多いのは「長女、長男」さん(だと思う)。
詳細を書かないブロガーさんも居るけれど、
たぶん「末っ子」さんは居ないような気がする。

ふと気づいたことだけど、妙に納得してしまう。
どのブロガーさんも、しっかりしたタイプなので。
私は末っ子なので、ついつい上に甘えがち。
そんな性格が「第一子」のブロガーさんに
引き寄せられる理由かも。

何だか、不思議だなぁ。


.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-21 10:51 | 気づいたこと

早春

清少納言は枕草子の中で「春はあけぼの」と書いた。
私はそう思わない。
個人的には「春は夕暮れ」が好き。
ぼんやりとした「おぼろ月」が出る頃の季節、
少しだけ暖かくなりつつある頃の、夕暮れ。

季節を表す言葉としては「早春」が好き。
故郷は雪深い地域で、春の訪れは遅い。
雪が消えて春らしい風が吹き始める頃がいい。

早春を迎える季節になると思い出す曲がある。
中学生の頃に流行った南沙織の『早春の港』。
あの曲を耳にするたび、あぁ春だ、と思った。
今でも思い出すたび、キュンとしてしまう。

雪国で生まれ育ったせいか、春は特別に感じる。
長い長い冬がようやく終わって、春になる。


今日は午後から、久しぶりの実家へ。
実家のある町の積雪量を見ると「53cm」。
実家の早春はまだまだ先のような気がする。



.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-20 10:51 | 日々のこと