増えた冬の衣類

大阪から引越して、衣類は3分の1に減らした。
いや、もっと減っているかもしれない。
必要最低限で生活できるくらいにした。

ところが。。
ここの気候は一日の寒暖差がけっこう大きくて
なかなか対応しきれないことが多い。

結局、上着系の衣類は増えてしまった。
大阪時代はダウンとパーカがあれば十分だったけど
ここでは数種類を使い分けている。
ダウン、発熱素材のパーカ、厚地の長いブルゾン、
薄手のウィンドプレーカーなど。

外出前には必ず外気温や天気予報を確認する。
山の天気と同じで、短時間で大きく変化することも。
この地で人生を最後まで過ごすのは厳しいかなぁ。
この気候に身体が慣れるには、人生の時間が足りない。
猛暑がなければ、大阪に戻りたい気持ち。。

d0355267_16462436.jpg

















.
by hazuki-natsu | 2018-12-25 16:59 | 日々のこと