大阪を思う日々

昨日の買い物途中で見た「飛行機雲」。
と言っても飛行機の通った跡ではない。
地上あたりからスーッと伸びて、途切れている雲。
昨日は夕方になっても筋状の雲が多かった。

d0355267_12594985.jpg















暑い日が続いているけれど、やっぱり大阪時代よりマシ。
夜は窓を開けて寝られるのは幸せだと思う。
しかも昨夜は南風が冷たくて、夫が窓を半分閉めたくらい。
暑がりの夫が窓を閉めるほどの風が入ってきていた。

ここでの長い冬の日々を思えば、猛暑の方がいい。
雪のために自転車で出かけられない方が、よっぽど不便だ。
何より長いグレーの冬の日々は、精神衛生に良くない。

そんなことを書きながらも、いつも大阪を思い出している。
いつも通った道や鳥のいた池、なじみの店や店主、
細かいシーンを昨日のことのように思い返している。
猛暑さえなければ、また戻りたいとさえ思う。
「生みの親より育ての親」のように大阪を感じる日々。


.
[PR]
by hazuki-natsu | 2018-07-27 13:17 | 日々のこと