梅雨入りの日々

ここも「梅雨入り宣言」された。
去年とほぼ同じ時期らしい。
この県は日本で一番「年間の降水量」が少ないらしい。
普段もザーザー降る雨の日は、めったにない。

そういえば、ここに引越して2年が過ぎたけれど
傘をさして出掛けたことがない。
というか、雨の日は出掛けないせいか。。
あえて出掛ける必要がない。

夫が定年延長せずに仕事を辞め、その数年後に私も退職。
一気に生活がスローになって、時間がゆったり流れる。
雨の日はのんびりとFMラジオを聴き、雑誌や小説を読む。
晴れの日は自転車で買い物ついでに、公園の花々を愛でる。
『晴耕雨読』というには、「耕し」をしていないけど。。

夫婦で仕事を辞めてからは、一段と夜更かしになった。
もともと夜型だったけれど、最近は深夜2時過ぎに就寝。
朝は10時近くまで寝ているので、それで帳尻は合う。

仕事をしていた頃は、夕食は9時を過ぎていた。
今は5時半から6時の間に、ゆっくりと食べる。
7時過ぎになると、近くの田んぼからカエルの合唱が。
わざわざ窓を開けて、しっかり耳を傾ける。
住宅街の一角にポツンと残る田んぼは、私の癒し。

ここには「数十年の間ずっと夢だった生活」がある。
寒冷地の気候を除けば、ほぼ理想的。
季節で言えば、今の時期がベストじゃないかと思う。
8月には秋風で涼しくなるので、夏と言えるのは7月くらい。

そういえば、今月の夏至を過ぎたら日が短くなる。。
日が長いというだけで、何だか嬉しいのに。
まだ夏も来ていないのに、既に冬の暗さを思うと悲しい。


.
[PR]
by hazuki-natsu | 2018-06-06 16:08 | 日々のこと