5月の雨、初夏の楽しみ

昨夜から静かに雨が降っている。
大阪時代は大雨や台風が多かったように思う。
ここは意外と雨が少ないし、台風も弱い。
台風の直撃が少ないのは、山脈に守られているからだと
この地域のテレビでは言っている。
一般の人も同じ意見が多いので、ここでは定説か。

台風以外の雨も少ない。
ここに引越して2年になるけれど、大雨は数回程度か。
大抵は今日のように静かな雨、小雨で終わる。
この時期の静かな雨は、昔から好きだ。
新緑がますます色鮮やかになって、成長も促す。

今月の25日は「引越し2周年記念日」。
本当にあっと言う間に時が過ぎた。
大阪でバタバタと荷造りしていたのが、昨日のことみたい。
たった2年間の間に色々なことがあった。
良い事は少なく、悪い事や嫌な事の方が圧倒的に多い。

何かと言うと、夫と大阪時代の話で盛り上がる。
大阪は良かったなぁ、とか。
大阪人だったら こうしているはず、とか。
大阪ならもう半袖を着ている頃だ、とか。

それはさておき、今月末頃にはカエルの合唱が聞こえるはず。
近くの住宅街の一角だけにある田んぼに、もうすぐ水が入る。
子供の頃から、初夏の夜に聞こえるカエルの合唱が好き。
大阪時代になかった唯一の楽しみが、それ。
今年は少し気温が低い日々が続いているけれど
カエルの合唱が楽しみな今日この頃。



.
[PR]
by hazuki-natsu | 2018-05-07 16:39 | 日々のこと