精神状態が良くない

この一ヶ月くらい、タイトルどおりの日々が続いている。
たぶん、軽いウツなのだろうと思う。

大阪から引越して正解だったのかな、という思いも。
年末近くに、実家とちょっとしたことから疎遠になった。
「ボタンのかけ違い」程度のことだけれど、
そもそも大阪から引越したのが間違いだったのか、と
思いはスタート地点に戻る。

寝ている時以外は、四六時中ずっと、悶々と考える。
考えても答えは出ないことを、ずっと考える。
近い将来の不安、絶望、腹立たしさ、もどかしさ、
いろいろなことがグルグル回る。

ここの県民性も、考え方も、腹が立つほど合わない。
他府県の人に嫌われる県民性が、本当によく分かる。
地方局のコメンテーターのやり取りにもウンザリ。

ここに引越してから、本当に笑うことがなくなった。
たまに吉本の芸人が出て笑うと、夫が「珍しい」と言う。
大阪時代は毎日、バカみたいに大笑いしっぱなしだった。
毎日笑っていた記憶しかない。
また大阪に戻りたいと思う。
そんなことは出来ないと分かっていながら、戻りたい。

そんな日々の中、昨日の夕食時に歯の「かぶせ」が取れた。。
右下の歯の銀色の「かぶせ」がパカッと。
「泣きっ面に蜂」って、こういう状況を言うのか。

今日の夕方、ネット検索で見つけた歯科へ行って来る。
本当は大阪の、あの歯科へ行きたいんだけど。
ここに引越してから「ない物ねだり」が増えた。

最近の救いは、雪がないこと。
年末からずーっと晴れが続いていること。
明日からの寒波でどうなるか分からないけれど
今のところは「ささやかな幸せ」を感じている。


.
[PR]
by hazuki-natsu | 2018-01-20 12:17 | 日々のこと