日本の家庭に写真立ては必要か?

週に何度か、リサイクルショップをのぞいている。
いつも行くたびに感じることは、
「写真立て」が多いなぁ、ということ。

木製、金属、ガラス、プラスチックなど材質は色々、
どれも未使用品で箱に入ったまま。
見るからに贈答品、引き出物という感じのデザイン。
結婚式の引き出物か、結婚祝い品か。

いつも多種多様の写真立てが並んでいるということは、
「写真立ては不要」の人が多いのだと思う。
私もその一人か。
亡き愛猫の写真だけ、小さなケースに入れている程度。

そもそも日本人って、写真を飾る人は少ないでしょ。
外国の映画やドラマやドキュメンタリーでは
どの家庭でもリビングに家族や親族の写真が置かれている。
家庭だけでなく、会社のデスクとかにも置く外国人。

ただ、引き出物やお祝いのプレゼントとしては
写真立ては何となく雰囲気がいいのかもしれない。
何だかオシャレ、的な。。

だけど、実際には使われることなく処分されている。
リサイクルショップの写真立ては増えるばかり。。
いつも「何だかなぁ」と思いながら見ている。


.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-09-13 21:50 | 日々のこと