早春

清少納言は枕草子の中で「春はあけぼの」と書いた。
私はそう思わない。
個人的には「春は夕暮れ」が好き。
ぼんやりとした「おぼろ月」が出る頃の季節、
少しだけ暖かくなりつつある頃の、夕暮れ。

季節を表す言葉としては「早春」が好き。
故郷は雪深い地域で、春の訪れは遅い。
雪が消えて春らしい風が吹き始める頃がいい。

早春を迎える季節になると思い出す曲がある。
中学生の頃に流行った南沙織の『早春の港』。
あの曲を耳にするたび、あぁ春だ、と思った。
今でも思い出すたび、キュンとしてしまう。

雪国で生まれ育ったせいか、春は特別に感じる。
長い長い冬がようやく終わって、春になる。


今日は午後から、久しぶりの実家へ。
実家のある町の積雪量を見ると「53cm」。
実家の早春はまだまだ先のような気がする。



.
[PR]
by hazuki-natsu | 2017-03-20 10:51 | 日々のこと